りょーたろーの思考

思考停止にならないために…

都知事選!家入氏がいろいろと楽しませてくれそうな理由4つぐらい考えた

f:id:ryotaro_orz:20140202062207j:plain


今度の都知事選。珍しくオレが投票してえって思える候補者がでてきた。「家入一真(いえいりかずま)東京都知事選立候補者」一択だ。
案外各メディアでも注目されてるみたいだけど、なんか最初は出る出る詐欺で終わっちゃうのかなー、と思って見てたらホリエモンが出てきて300万貸したとか投資したみたいで、ホリエモンの投資センスすげーとか思った。
まあ、それはいい。
猪瀬さんも最期には都議会で茶番やってけっこう面白かったけど、家入氏が都知事になったら負けないくらい面白くなりそうだ。
杉村太藏氏が議員に当選した時以上の違和感をぶっ放していただきたい。


とにかく若い

オレより年下でしょ。相対的に若いってのもあるんだけど、逆に80歳代の人当選したってまあ、今までの延長線上しか期待できない。都政について別にそこまで不満があるわけじゃ無いが、どうせならなんか新しいこと初めて欲しい。すでに選挙に取り組むスタイルが新しいけど、その方が期待できるし、変化を感じれる。
戦前に生まれて年功序列で上がってきた人にはこういうのできないでしょ。

身近な存在

オレは本人には会ったことがないけれど、前々からTwitterFacebookやブログ見てるといろいろ表現者なんで人物像がよく見える。
候補者ってなると、元なんとか会長とか、なんとか大臣とかよくわかんないけどすごそうな肩書き引っさげて、本当はすごいのかもしれない。でもスゴさアピールでなんとか票集めようとしてないか?
反面、ダメ人間自称してたり、普通は経歴とか詐称する人がいるくらいなのに、家入氏は引きこもりとか中退とかさらけ出してて正直だ。猪瀬さんは5000万問題で吊るし上げられちゃったけど、ダメな部分持ってない人間なんていない。嘘つかない人はいないのと同じ。トップに立つ人間がダメな部分をさらけ出して、みんなでがんばろうってやり方もアリだなーと思った。

金かかってない

選挙活動には金がかかる。当選するには金がかかる。現実的にはそうだと誰もが思ってたに違いない。だがしかし、そういう常識を誰もが覆してほしいと思ってはいなかっただろうか。

本来、選挙活動に金はかからない。金かけなくてもできるっていうことを証明してほしい。そして当選までいけると。
もしかしたらそれは実は政治家にとってもっとも理想とするあり方なんじゃないかなーとも思った。

当選したら何かが起きる楽しみ

いやもう家入氏が当選しちゃったらそれは既に「何かが起きた」ってことでしょう。
で、そこからまた何かが起きる、変わることの期待値は高い。
初めて選挙が楽しいイベントに感じることができたよ。
政策も公約も走りながら作ってく感じだが、それって支持した人が落選してもそのひとの政策をそのまんま訴えればいいんじやねって思った。
「 #ぼくらの政策」見てると案外真面目にやっててカタチになりそうだし、そういうの含めていろいろ楽しみだ。

まとめ

まあ、ここまで書いてそれでも家入氏が当選するのは奇跡に近い逆転劇だと思うよ。
だってじーさんばーさん達はTwitter見てないしネット見ないでテレビばっかだし、街頭演説してる人の話聞いて感化されちゃうだろうしね。ポスターだってウチの近所にはまだ貼られていないところがたくさんある。
一方で、ネット上では着実に、インフルエンサーや支持する若者たちにより拡散されて来ている。
なのであとは若者が、ネット扱う世代がどんだけ投票所行くかだけだな。
ネット投票できればだいぶ違うけど、この近所の投票所までの距離が近そうで遠いのよ。

さて、今回の都知事選挙、おじいちゃんたちが、じじばばに支持されて当選するのか、それとも若者が重い腰を上げて投票しに行くのか。
ひとまず今回だけは投票と開票が楽しみでしかたない。


オレもこの言葉好きだ。ホントおもろい選挙活動してると思う。