りょーたろーの思考

思考停止にならないために…

iPhone6plus雑感

【米国正規品】SIMフリー iPhone 6 Plus アップル Apple 5.5インチ 1080P 光学手ブレ補正 (128GB, スペースグレイ Gray)
年末にiPhone6plusがiPhone5に代わって支給された。
回線切り替えて使い出してから3週間くらいたって、だいたいわかってきたのもあり雑感でも書いとく。

iPhone6か、6plusかの選択

これはどちらも選択できたんだけど、あえてというか、違和感を感じるほどでかいのは知っていたが、6plusを選んだ。理由は以下。

  • 6でも5に比べると十分サイズアップしてるが、せっかく変えるのであればより大きな変化が欲しかった。今までの延長線上だとつまんない。
  • あと、単に目立つってのと、部の他のみんなは6を選ぶ人が多いと思ってたので人と差別化したかった。

(しかし、結果的には6plusを選んだ人の方が多かった)

  • 6plusの方が価格が高いから

(自腹での機種変更だとしたら6を選んでたかもしれない)

  • バッテリーが強そう。

(まあ、これは後付け理由っぽい)

iPhone6plusの良いところ

基本としてiPhoneが新品になったところでOSが変わらなければ箱の変化だけでしかない。ってのがコンセプトだと思うので、筐体が変わったことによる良かったところについて。

  • touchIDがクソ便利

パスコードロックはあまり好きではないんだけど、建前的には業務用なので設定しないわけにはいかない。なので初期設定時に指紋登録した。オレ自身の経験としてガラケーで使ってた時代もあったが、結局いろいろと不便で使わなくなってしまいあまり期待してなかったんだけど、その頃に比べ格段に進化してる。iPhoneの touchIDはすごい便利。こらはAppleIDだけではもったいないので、もっといろんなパスワードものに反映してほしい。

  • 画面がでかい

Webサイトで特にスマホ用に最適化されてないサイト、もしくはPC用のページで画面がでかい分見やすくなった。

  • バッテリーがやっぱり強かった。

今のところ、体感的にだが5より2倍弱ぐらいには感じてる。当然5は劣化してたので差は新品の6plusと比較すると差が大きいが、それを差し引いてもだいぶバッテリーの持ちは良くなった。助かる。

iPhone6plusの良くないところ

画面がでかい分、指のモーションもでかくなる。フリック入力画面が最適化されるアプリもあるようだが、最適化されないとどう見てもデカすぎ。両手使えればまだいいが片手だと完全に5よりスピードダウンだ。特にオレは打つのが遅いのでもっと遅くなった上打ち間違いも増えた。
慣れるまでもう少し時間が必要そうだ。

  • 重い

でかい分重いのはわかる。寝そべってiPhoneいじる時に腕が疲れる。重い分手から滑りやすい。

  • アクセサリーが少ない

新品買うとiPhoneケースが欲しくなるところだが、家電量販店とかのアクセサリーコーナー見るとやっぱり種類が少ない。
にしても最近フリップタイプっていうのかな…手帳カバーみたいなタイプのケースが流行ってるのか多いが、そういうの使うとホント見た目手帳使ってるみたいだな。
ちなみにオレは安いのもあって透明スケルトンタイプ使ってます。

  • 手に余る大きさ

もう、6plusは片手で使うことを想定してないんだと思う。かなり手がでかい部類のオレでさえ片手で筐体を掴んで操作できない。掌というより指に乗せて操作しないと親指が届かない。画面の上の方は持つ位置修正しないと親指が届かない。

まとめ

iPhone6plusをしばらく使ってから5を触るとよくこんな小さいのを使ってたなぁってなる。それぐらい6plusはでかい。ただそれが良いことなのかというと、まだ疑問が残る。
よくよく考えてみると新しいので良くなったって点以外は、 主だってtouchIDぐらいしかメリット感じられずにいる。
やっぱりiPhone5あるいは5sは秀逸だったということなんだろうか…。
そして6plusのでかさはやり過ぎなんだろうか…。
間をとって6が正解だったんだろうか…。

広告を非表示にする